▪ 子どもたちのもちつき大会

f:id:nara2tyoukai:20200218203118j:plain

2月16日(日)
10時30分~13時30分

今年も二丁目町会恒例の『子どもたちのもちつき大会』が開催されました。

雨天にもかかわらず、昨年とほぼ同じ200名近くの方が参加されました。

新型コロナウイルスのこともあり、手指の消毒やマスクなど衛生面に十分な配慮をして行われました。

子どもたちにも、もちつきに挑戦してもらいました。

f:id:nara2tyoukai:20200218140502p:plain

f:id:nara2tyoukai:20200218153849p:plain

ホールは子どもたちや家族連れでいっぱいになり、リラックスした雰囲気の中、つきたてのお餅に豚汁、チョコファウンテンを楽しんでいただきました。

f:id:nara2tyoukai:20200218151339p:plain

f:id:nara2tyoukai:20200218150022p:plain

10時30分開催にそなえて、準備万端のスタッフの皆さま

f:id:nara2tyoukai:20200218155746p:plain

まさに縁の下の力持ち。もちつき大会の準備真っただ中!

f:id:nara2tyoukai:20200218160320p:plain

f:id:nara2tyoukai:20200218174750p:plain

ご協力いただきました町会役員、チーム二丁目、ボランティアの皆さまありがとうございました。このような催しを通して、ご近所の皆さまとの絆を深められることも嬉しいことです。

▪ 船橋大神宮「節分祭」

f:id:nara2tyoukai:20200208145107p:plain

今回は、船橋大神宮の『節分祭』をご紹介いたします。

当社の『節分祭』は、単に豆をまくだけではありません。大神宮 神楽部による雅楽や、神楽を観劇することができます。神楽は、無形民俗文化財にも指定されていて、華やかな衣装とともに、ユーモラスな舞などを見ることができます。演目のラストでは鬼が登場。そのまま「豆まき」へと移行します。

f:id:nara2tyoukai:20200208114230j:plain

f:id:nara2tyoukai:20200208114834j:plain

【節分】

節分とは、立春、立夏、立秋、立冬の前日を指す季節のフシメです。つまり、節分は年に4回あります。中でも、立春前日=2月3日の節分が最も有名になりました。

【節分祭】

船橋大神宮では、神楽と豆まきの二部構成。これを午前と午後に斎行(さいこう)します。
斎行 お祭りや祈祷などの行事を行うこと)

◆神楽

恵比寿・大黒舞

恵比寿様は釣り竿、大黒様は小槌を手にして、ユーモラスに舞い踊ります。

f:id:nara2tyoukai:20200208121239j:plain

f:id:nara2tyoukai:20200208115936j:plain

山神舞(さんじんまい)

鬼が飛び出してきて、暴れ回ります。鍾馗(しょうき)が鎮圧にかかりますが、うまくいきません。しかし、福豆を投げ始めると、その霊力に助けられて次第に鬼たちを圧倒していきます。

f:id:nara2tyoukai:20200208114554j:plain

f:id:nara2tyoukai:20200208121005p:plain

苦しい展開になった鬼たちは、神楽殿の桟敷席に逃げ込みます。すると、席に陣取った年男・年女からも福豆の集中攻撃を浴びます。鬼たちは、もはや降参しかありません。

◆豆まき

季節の変わり目「節分」には、邪気が生じると言われています。その象徴である鬼を払うため、古来より「豆まき」が行われています。豆をまくのは、選ばれた年男・年女です。

◆福豆セット(当日まかれたものです。)

f:id:nara2tyoukai:20200208115101j:plain

▪ R2’2月理事会

日時   2月15日(土)午前10時〜

場所   二丁目町会会館 和室

町会長挨拶

議題

  1. 入会・転出・慶弔報告
  2. 1月会計報告
  3. 「もちつき大会」の実施確認
  4. 「二丁目町会自主防災訓練」について
  5. 「二丁目寄席」の開催について
  6. 定期総会までの日程(案)の確認
    理事・地区長選出の件
  7. その他 各部の報、連、相

会場設営当番は防災部です。

▪ 千人の音楽祭

f:id:nara2tyoukai:20200204150629p:plain

2020年2月2日(日) 船橋アリーナにて、第27回「千人の音楽祭」が開催されました
インフルエンザや、コロナウィルスが猛威を振るうさなかでしたが、無事に開催されました。

『音楽のまち ・ふなばし』をモットーに、小中高の生徒たちからシニアまで、世代を超え、さらに幅広いジャンルを超えた、年に一度の音楽の祭典です。

f:id:nara2tyoukai:20200204141240j:plain

前日のリハーサルから当日の準備片付けまで、市船の生徒さんたちがテキパキと動き回ってくれました。

f:id:nara2tyoukai:20200204141823j:plain f:id:nara2tyoukai:20200204141853j:plain

 

参加者は5000人に上ります。たくさんの人々の想いと出会いが、“感動”という奇跡を起こす瞬間に立ち会えました。「また来年も会いましょう」と、それぞれの帰路につきました。

f:id:nara2tyoukai:20200204151925p:plain

▪ 白寿会初詣

1月24日(金)水道タンク前 :7時30分出発

心配した天気も回復傾向の中、二丁目両白寿会の恒例のバスの旅の始まりです。11時前、最初の目的地、埼玉県熊谷市にある妻沼聖天山(めぬましょうてんざん)に着きました。重厚な総門をくぐり、国宝の本殿を参拝して、極彩色で彩られた彫刻のある奥殿を見学しました。 

奥殿は初詣に相応しい豪華絢爛に彩られた建築物で、約250年前に作られ、以後地元の人達に大切に保存されてきたそうです。 

f:id:nara2tyoukai:20200130141315p:plain

f:id:nara2tyoukai:20200130141822p:plain

彫刻は、上州花輪村(現在の群馬県みどり市)の彫刻師であった石原吟八郎(いしはらぎんぱちろう)を中心に制作されたものです。吟八郎は、日光東照宮の修復に参加したことでも知られています。

そして一行は坂東太郎を渡って、群馬県太田市の郷土料理”おきりこみ“の昼食を堪能しました。 

バスは再び大利根を渡り返して、埼玉県西部の武蔵丘陵にある吉見百穴(よしみひゃくあな)に到着。 斜面に200カ所以上の横穴が見え、いずれも古墳時代の墓所跡だそうです。 暖かい好天に恵まれて、上州と武州の冬景色を巡る楽しい日帰りの旅となりました。 参加者は38名でした。 

f:id:nara2tyoukai:20200130141902j:plain

▪ R2'1月回覧

「理事会報告」
 1月18日(土)
町会長挨拶

  1. 入会なし
    転出2軒 
        世帯数 1,217軒(1/17付)
  2. 12月会計報告
  3. もちつき大会準備状況の確認
  4. 町会自主防災訓練(3/8)計画案
  5. 次期地区長・理事の選出
  6. 会員名簿作成計画について
  7. その他 
    どんぐり公園の清掃12月4回実施
    大量の落ち葉を集める作業のお手伝いを呼びかけ、理事にもご協力いただきました。

 f:id:nara2tyoukai:20200127113914p:plain

f:id:nara2tyoukai:20200127144819p:plain

 

町会事務局 
☎ 047-463-9963(午前10時~午後4時)

時間外は留守電にて対応させていただきます。